新規登録

鎮痒薬~虫刺されにはどんな痒み止めがイイですか?- 前編

医療法人社団徳仁会中野病院 青島周一

2019年07月05日 17:00

 患者さんに自信を持ってOTCをおすすめしたい!論文情報や患者さん対応など、薬剤師による薬剤師のためのOTC解説です。

薬の無料アイコン9.png今回のお話「虫刺されにはどんな痒み止めがイイですか?」

  • 虫刺されによる皮膚炎、どんな虫が原因となる?
  • 市販の虫刺され用外用薬
  • 蚊やダニが媒介する感染症に注意
  • 市販されている忌避剤(虫よけ)
  • 虫刺されの痒み、結局のところどうする?

薬の無料アイコン9.png今回出てくるOTCは・・・

リビメックスコーワ クリーム(興和製薬)/リビメックスコーワ 軟膏(興和製薬)/リビメックスコーワ ローション(興和製薬)/フルコートf(田辺三菱製薬)/オイラックスA(第一三共ヘルスケア)/ベトネベートN軟膏AS(第一三共ヘルスケア)/ベトネベートクリームS(第一三共ヘルスケア)/ムヒアルファEX(池田模範堂)/液体ムヒアルファEX(池田模範堂)/液体ムヒアルファS2a(池田模範堂)/ムヒS(池田模範堂)/ムヒアルファSⅡ(池田模範堂)/新ウナコーワクール(興和製薬)/ウナコーワクールパンチ(興和製薬)/レスタミンコーワ軟膏(興和製薬)

薬の無料アイコン9.png今回出てくる商品(忌避剤)は・・・

スキンガードアクア(ジョンソン)/スキンガード(ジョンソン)/スキンベープミスト(フマキラー)/サラテクト(アース製薬)/サラテクトリッチリッチ30(アース製薬)/医薬品スキンベーププレミアム(フマキラー)/天使のスキンベープ(フマキラー)/お肌の虫よけプレシャワーDF(キンチョー)/天使のスキンベーププレミアム(フマキラー)/お肌の虫よけプレシャワーDF PRO(キンチョー)


 店内中央レジ付近の一番目立つ商品棚に、虫刺され用の外用薬をピラミッド状に積み上げていく薬剤師のあなた。季節はもう夏、虫刺されの時期です。

「やっぱり、この薬が一番よいですかねぇ。テレビコマーシャルでもよく見ますし……」

 後ろから声をかけられ振り向くと、50歳代くらいの男性客が、積み上げたばかりのピラミッドを見上げていました。

「昨日、庭の草むしりをしていたら、蚊に刺されて大変なことになりました。家に置いてあった虫刺されの薬、使用期限が切れてまして、それで買いに来たんですけど、なんだか種類がたくさんありますねぇ」

 液体タイプ、軟膏、クリーム、配合剤……確かにたくさんの種類がありますが、その使い分けってどうなっているんだろう……と、あなたは思い悩んでしまいました。

薬の無料アイコン9 (1).png虫刺されによる皮膚炎、どんな虫が原因となる?

 皮膚炎を起こす代表的な虫といえば蚊です。日本に生息している蚊の多くはヒトスジシマカ(Aedes albopictus)で、本州から四国、九州、沖縄、小笠原諸島まで広く分布しています。その活動時期は5 月中旬~10 月下旬(南西諸島ではこれよりも長い)で、卵の状態で越冬するため冬季に成虫は存在しません1)。蚊に刺されると皮膚の痒みを生じますが、これは、蚊が吸血時に注入する抗凝血物質を含んだ唾液に対する局所的なアレルギー反応です。

 とはいえ、痒みや皮膚炎を引き起こす原因となる虫は蚊だけではありません【表1】。虫刺されといった場合、疾病分類上は虫刺傷を指し、虫に刺されることによる外傷です。虫の中でも刺す虫は膜翅目(まくしもく)に属するグループ、つまり蜂の仲間です。膜翅目が持つ毒は人間に対して局所的な毒性反応を引き起こし、過去に蜂に刺された経験のある人では、体内に存在する蜂毒に対する抗体によって、アレルギー反応が引き起こされます。その重症度は、毒の量および過去の感作の程度(蜂毒に対する免疫応答の程度)によります2)

【表1】皮膚炎の原因となる虫

  • 刺す虫:蜂、アリなどの膜翅目
  • 吸血する虫:蚊、ブユ、アブ、ノミ、トコジラミ、ダニ
  • かむ虫:クモ、ムカデ
  • 触れることで皮膚炎を起こす:有毒の毛虫(ドクガの幼虫)

(筆者作成)

 蚊などの吸血性昆虫による皮膚症状は、一般的に軽微であり、重症化することはまれです。しかし、蜂による虫刺傷、すなわち蜂刺症は、時にアナフィラキシーと呼ばれる重度のアレルギー反応を引き起こすこともあり、注意が必要です。ドイツにおける疫学調査3)では、蜂を含む虫刺傷による局所アレルギー反応は、人口の25%で発生しうると報告されています。このうち3.5%の人が重篤なアナフィラキシーを発症し、ドイツでは毎年約20人が死亡しています。日本においても蜂刺傷による死亡者数は年間20人前後で推移しています2)

 わが国において、蜂刺症の対象となる代表的な蜂類は、スズメバチ類、アシナガバチ類、ミツバチ類、マルハナバチ類です。都市部近郊において人の居住地域が蜂類の生息域に隣接または入り込んだこと、アウトドアスポーツ人口の増加などによる人の野外活動が盛んになったこと、小型、中型スズメバチ類の重要な天敵であるオオスズメバチの数が都市部近郊で減少しているなどの諸要因により、生活圏における蜂類の発生数は増加しています4)

 長野県にある佐久総合病院が行った蜂刺症の実態調査5)によれば、受傷者は月の蜂の活動がもっとも盛んな7~10に多く、9歳以下の男児と30~50歳代の男性で多いと報告されています。

 この研究では、1979~91年の13年間に、佐久総合病院の皮膚科および救急外来を受診した蜂刺症患者1,711人が対象となりました。解析の結果、蜂の種類ではアシナガバチスズメバチが蜂刺症患者の70%を占めており、蜂刺部位は手、顔、上肢、頭の順に多く、全て身体露出部位でした。受傷時の全身症状は23.3%に認められ、重篤な意識障害は3.3%と報告されています。また、頭部受傷者は手や上肢受傷者と比較して全身症状の出現頻度が高率でした。

 蜂刺症はアナフィラキシーに加え、横紋筋融解症などの重篤な合併症を引き起こす可能性もあり6)、蜂に刺されたことが明らかな場合では、状況に応じて医療機関受診が勧められます。

 毛虫による皮膚炎はその多くがチャドクガの幼虫であり、6~9月に患者数が増加します7)。毒針毛が皮膚に触れると、激しい痒みを伴う皮膚炎を発症します。虫体に直接触れなくても、風で飛散した毒針毛で皮膚炎を起こすこともあります。対症療法としてステロイドによる治療が有効ですが、痒みの程度は激しく、ベリーストロングクラス以上のステロイドが必要になるケースもあります。症状の程度に応じて、皮膚科受診を視野に入れた方がよいでしょう。

 なお、米国皮膚科学会は医療機関受診が推奨される虫刺され症状として【表2】の10所見を挙げています8)

【表2】医療機関受診が推奨される虫刺され症状

  • 1.呼吸困難
  • 2.喉の閉塞感
  • 3.唇や舌、顔が腫れる
  • 4.胸痛
  • 5.数分以上続く動悸
  • 6.めまい
  • 7.嘔吐
  • 8.頭痛
  • 9.ダニにかまれた後に発症するドーナツ状あるいは的(マト)状の赤い発疹
    ……抗菌薬治療を要するライム病の可能性がある
  • 10.赤色または黒色斑状発疹の広がりを伴う発熱
    ……直ちに治療を要するダニ媒介感染症、ロッキー山紅斑熱の可能性がある

(参考文献8より筆者作成)

薬の無料アイコン9 (1).png市販の虫刺され用外用薬

 市販で購入できる虫刺され用の外用薬を【表3】にまとめます。

【表3】虫刺され用外用薬

23760_tab1_w765.jpg
(著者作成)

 虫刺されによる皮膚の局所炎症はヒスタミンなどを介したアレルギー反応3,9,10)であり、理論上は、抗ヒスタミン薬やステロイド薬で症状の緩和効果が期待できます。実際、蚊による皮膚の瘙痒感の改善については、セチリジン11~13)、エバスチン14,15)、ロラタジン16)の各内服薬でその有効性が示されています。

 とはいえ、経口抗ヒスタミン薬は鎮静作用による眠気などの副作用リスクもあり、一般的には外用剤で対応することが多いでしょう。なお、セチリジン、エバスチン、ロラタジンの各経口薬はOTC医薬品として購入できますが、いずれの薬剤も、その効能効果は「鼻のアレルギー症状緩和」のみです。

 虫刺症による皮膚瘙痒感改善について、酢酸デキサメタゾン軟膏17,18,19)、吉草酸プレドニゾロン軟膏もしくはクリーム20)の各外用薬でその有効性が示されています。一般的な蚊による皮膚の掻痒感であれば、マイルドクラスのステロイドでも十分な効果が期待できるでしょう。

 虫刺症の皮膚瘙痒感に対するジフェンヒドラミン外用薬の有効性について、質の高いエビデンスは報告されていません21)。とはいえ、経口抗ヒスタミン薬で有効性が示されていることを踏まえれば、外用剤でも少なからず瘙痒感の改善が期待できるかもしれません。ただし、ステロイドと併用して追加の効果が期待できるかどうかについては不明です。また毛虫皮膚炎のような激しい皮膚症状に対しては、やはりステロイド含有製剤の方が効果的かもしれません。

 l-メントールについても、マウスを用いた実験的研究データ22)は存在しますが、人に対する鎮痒作用について、質の高い研究報告はありませんでした。使用後の刺激感で瘙痒の軽減が期待できるかもしれませんが、個人差が大きいと思われます。

 鎮痒薬として配合されることの多いクロタミトンは、皮膚などに発現するTRPV4 (transient receptor potential vanilloid4)と呼ばれるイオンチャネルを抑えることで、鎮痒作用を発現するといわれています23)。しかしながら、虫刺症に対する有効性を裏付けるような質の高い研究報告を見つけることはできませんでした。なお、クロタミトンは塗布時に軽い灼熱感(温感)を感じることがあり、この作用が瘙痒感の軽減に寄与するとも考えられています。一方で、塗布により接触性皮膚炎を来した症例が複数報告24,25)されており、注意が必要です。

次のページでは、市販されている忌避剤(虫よけ)を比較!

1 2
トップに戻る