新規登録

薬剤師必読!最新論文解説/時代はGLP-1受容体作動薬!

経口セマグルチドのPIONEER 6試験から

2019年07月17日 08:00

北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟

研究の背景:"第二選択薬"の立ち位置にあるGLP-1受容体作動薬

 昨年(2018年)の米国糖尿病学会(ADA)/欧州糖尿病学会(EASD)の合同レポートにおいて、第一選択薬のメトホルミンに次いで使用されるべき薬剤は、ほぼSGLT2阻害薬かGLP-1受容体作動薬かの二択とされた(Diabetes Care 2018;41:2669-2701、関連記事「ほぼ2つに絞られた糖尿病第二選択薬」)。

 この2つの薬剤を比較すると、SGLT2阻害薬が経口薬であるのに対し、GLP-1受容体作動薬は注射薬であり、患者の受容や医療費という観点から考えると、圧倒的にSGLT2阻害薬の方が優先されやすい傾向にあったと思う。

 このたび、経口GLP-1受容体作動薬の経口セマグルチドの心血管アウトカム試験PIONEER 6が米国糖尿病学会年次学術集会(ADA 2019)で発表され、即日N Engl J Med2019年6月11日オンライン版)に掲載された。未発売製剤ではあるが、近い将来においてわが国でも上市され、インクレチン関連薬の市場を大きく塗り替える可能性があると考えご紹介したい。

◎この記事のポイント

  • 研究のポイント1:経口セマグルチドのPIONEER試験の報告相次ぐ
  • 研究のポイント2:プラセボ対照の心血管アウトカム試験
  • 研究のポイント3:経口セマグルチドも心血管イベントを抑制
  • 考察:多彩なラインナップで充実するGLP-1受容体作動薬

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る