新規登録

経口抗菌薬が結腸がんリスク上昇に関連

英・プライマリケアデータ解析

2019年09月03日 12:30

経口抗菌薬が結腸がんリスク上昇に関連

© Getty Images ※画像はイメージです

 経口抗菌薬の使用は、近位結腸がんのリスク上昇に関連している一方で、直腸がんのリスク低下と関連する。米・Johns Hopkins UniversityのJiajia Zhang氏らは、英国最大の一般診療所診療録データベースClinical Practice Research Datalink(CPRD)を用いたマッチド・ケースコントロール研究を行い、その結果をGut2019年8月19日オンライン版)に報告した。結腸・直腸における腸内細菌叢活性の違いが、抗菌薬ががんに及ぼす影響の大きさやリスクパターンに関連することが示唆されたという。

◎この記事のポイント

  • 大規模集団でCRC発症を8年間追跡
  • 抗嫌気性菌薬で近位結腸がんリスク最大に
  • 慎重な抗菌薬使用がより重要に

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る