新規登録
イベニティなどの添付文書改訂を指示

© Getty Images ※画像はイメージです

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は9月6日、骨粗鬆症治療薬ロモソズマブ(商品名イベニティ)と2型糖尿病治療薬トレラグリプチン(同ザファテック)について、添付文書の使用上の注意を改訂するよう指示したと発表した。ロモソズマブについては、発売直後から死亡を含む重篤な心血管有害事象が多発していた。

◎この記事のポイント

  • ロモソズマブ:因果関係を否定も有害事象既往者への投与回避を指示
  • トレラグリプチン:高度腎機能障害への投与が禁忌から慎重投与へ

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る