新規登録

【臨床研究支援】「考察」とは?ポイントをつかんで発表準備につなげよう

3年目薬局薬剤師・リョウマとジョウジおじさんの日本一敷居の低い臨床研究入門 Vol.9

2019年09月19日 08:00

広瀬病院臨床研究支援室 室長
塩澤伸一郎

ある鎮痛薬の効果が、急性期と慢性期の患者で違うことをまとめ、職場でポスター発表することになったリョウマ(関連記事:【臨床研究支援】伝わるポスター発表のコツって?)。準備を進めていますが、研究結果の意味や解釈を述べる「考察」の書き方で苦戦しています。どう考えたらいいのでしょうか。

●登場人物

oi_nikkori++.png

リョウマ:大学卒業後、チェーンの調剤薬局に勤めて3年目の薬剤師。素直で優しいけれど、ちょっぴり気弱で面倒臭がり屋

oji_kaisetu.png

ジョウジおじさん:リョウマの叔父。データアナリスト。温和で冷静だけれど、時々リョウマに八つ当たりをされ、たじろぐことがある

illustration:くどうこま

●今回のポイント

  • 薬理学的視点や病理学的視点からも考察できる
  • 研究目的の返答になっているか
  • 研究で明らかになったことを示し、臨床に生かす提言を
  • 発表クオリティー向上のため事前に質問をたくさん受ける

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る