新規登録

プライマリケアでのSSRIの処方実態

英・PANDA研究

2019年10月03日 11:20

 精神疾患の中でも、プライマリケアにおいて診療する機会が多いうつ病。代表的な治療薬の1つである選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)セルトラリンの処方状況や有効性について、英・University College LondonのGemma Lewis氏らはプラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験(RCT)PANDA研究を実施。その結果をLancet Psychiatry2019年9月19日オンライン版)に報告した。

◎この記事のポイント

  • 抑うつ症状を有する653例対象、6週後の効果を比較
  • 6週後の効果は認められなかったものの...

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る