新規登録

新機序の抗うつ薬などが承認

質の高いメタ解析データを集積して検討

2019年10月10日 08:00

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2019年7月1日〜9月20日に新規作用機序のうつ病治療薬、透析施行中の腎性貧血の経口治療薬、まれなライソゾーム病に対する脳室内投与の酵素製剤などの医薬品が厚生労働省から承認を受けたと発表した。そのうち、剤形・用量・投与経路変更、適応拡大を除く新薬は9種類である()。

表. 2019年7月1日〜9月20日に承認された新薬(剤形・用量・投与経路変更、適応拡大を除く)

24263_tab1.png

◎この記事のポイント

  • 呼吸器感染症の主要な起炎菌に効果を示す抗菌薬
  • パーキンソン病のwearing off現象を改善
  • まれなライソゾーム病に脳室内への酵素補充療法

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る