新規登録

腰痛診療GL2019が推奨する第一選択薬は?

2019年10月21日 08:00

 今年(2019年)5月、初版から約7年を経て改訂された『腰痛診療ガイドライン2019 改訂第2版』(改訂版GL)では、近年示されたエビデンスを反映し、より実臨床に即した薬物療法の指針を提示している。改訂版GL策定委員会委員で国立病院機構東京医療センター整形外科医長の辻崇氏は、腰痛に対する薬物療法の改訂ポイントを第27回日本腰痛学会(9月13~14日)で解説した。

24325_face1.png

◎この記事のポイント

  • 対象を急性腰痛、慢性腰痛、坐骨神経痛に分ける
  • 急性腰痛にはNSAID、慢性腰痛にはSNRIを推奨

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る