新規登録

薬機法改定 薬局の情報連携機能を重視

2019年10月24日 14:00

 厚生労働省医薬・生活衛生局長の樽見英樹氏は、医薬品医療機器等法(薬機法)の改正案の主旨などについて、第13回日本薬局学会(10月19~20日)で講演した。今年(2019年)11月の成立を目指し、新薬の承認体制、薬局の在り方などが審議されている。

◎この記事のポイント

  • 新薬の迅速な承認体制を目指す
  • 薬局は情報連携機能を重視

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る