新規登録

ポリファーマシーとは薬をめぐる「変なる現象」

2019年11月07日 08:00

 病気を治療ないし予防するために薬を飲む。なんらかの診断が付くたびに対応した治療薬が処方され、複数の疾患を抱える人では処方薬が増えてしまう。そうした中、薬をめぐる現象の捉え方は、従来の「薬があると幸せ」というものから多様化しつつあると言える。第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)のシンポジウム「多角的視点で語るポリファーマシー〜薬を飲むこと、処方することをもう一度考える」では、武蔵国分寺公園クリニック(東京都)院長の名郷直樹氏がポリファーマシーと言われる中で起きている現象を構造主義医療の視点から考察。「薬を飲む」とは「変なる現象」であり、従来的な「薬の病気に対する効果」という観点だけでなく、個々の患者とその周辺で何が起きているかについて、現象全体を取り扱う視点が必要であると述べた。

24125_Nago_face.png

  • ポリファーマシーを多角的に語る
  • ポリファーマシーとは薬をめぐる「変なる現象」
  • 「リスクゼロが医師の責務」という呪いからの解放を(後日掲載)
  • 医療者間の意見はなぜ対立するのか(後日掲載)

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る