新規登録

アセトアミノフェン曝露がADHDリスクに

2019年11月21日 08:00

アセトアミノフェン曝露がADHDリスクに

© Getty Images ※画像はイメージです

 臍帯血中のバイオマーカーに基づいた胎児期のアセトアミノフェン曝露は、用量依存性に小児期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)および自閉症スペクトラム障害(ASD)のリスク上昇と関連していたとする前向き観察研究の結果を、米・Johns Hopkins University Bloomberg School of Public HealthのYuelong Ji氏らがJAMA Psychiatry(2019年10月30日オンライン版)に発表した。これまでにも同様の関連を示す研究報告はあったが、同氏らは「臍帯血中のバイオマーカーに基づき、胎児のアセトアミノフェン曝露を評価した前向き研究はこれが初めて」としている。

この記事のポイント

  • 自己報告に基づいた研究がほとんど
  • 曝露量多いとリスクは2.1~3.6倍に

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る