新規登録

どう良くなる?日本の薬局実習

2019年12月16日 08:00

カナダで働く薬剤師 青山慎平

 

 

 最近、多くの薬学生から海外の薬局で実習をしてみたいという話を聞くようになりました。その理由を聞いてみると、「日本の薬局ではできない経験を積みたい」ということが多いです。

 しかし、海外の薬局での実習は本当に役立つものなのでしょうか?

 今回は、「カナダの薬局で薬学生やインターン生が何を得られるか?」について、考えてみたいと思います。

 私の考えを先にお伝えしてしまいますが、カナダで薬局実習を受けるメリットは、「自主性が鍛えられること」だと思います。

map_canada4_portland.png
ポートランド‗パウエルブックストア.jpg

 先日、バンクーバーから南に車で6時間ほど走り、アメリカ・オレゴン州のポートランドに行ってきた。アメリカとカナダは同じ北米の国とはいえ、別の国なので、日本から他の国に入るときと同じくらい厳しい。このときも国境を超えるのに、2~3時間かかった。入国審査では口頭質問にて滞在する時間、目的、場所、会う人などを質問され、少しでも曖昧だと証拠を求められる。

  写真は、ポートランドにある巨大な本屋、パウエルブックストア。中古や新品の本など400万冊の在庫をかかえ、中はまるで迷路のようである。本好きな人にとっては最高の空間だ。

葉っぱのアイコン (1).png「服薬指導は全て君がやっていいよ」

 カナダの薬局では、薬学生が自由にカウンセリング(服薬指導やOTCの推奨)を実施してよいことになっています。

 私がインターン生だったとき、「患者に薬の説明をしてもよいか?」とマネージャーに聞いたら、

「ALL YOURS (オールユアーズ)!」と言われたのを、今でもはっきりと覚えています。つまり、全て君がやっていいよ。ということです。

 その薬局では、患者が薬の質問に来るたびに、薬剤師アシスタントが「カウンセリング!」と声を上げました。これは、「薬の説明が必要なので誰か行ってくれ」という、アシスタントからのメッセージです。そして、薬剤師が行くよりも先に、インターン生である私が自主的に行かなければならないのでした。

 当時、「カウンセリング!」というアシスタントの声が聞こえるたびに、私は毎回ビクビクしながら、患者の元に説明しに行きました。

 インターン時代は驚きの連続でした。まず、初日のオリエンテーションがありませんでした。いきなり他の薬局スタッフと同等の仕事を求められたのです。薬剤師インターンは、全てできると考えられていることも多いです。電話応対、患者対応などは、まず学生が初期対応をすることが基本です。そして、わからない場合以外は、全て自分でやらなくてはなりません。

 このカナダの実習スタイル、マニュアルにない事態に対してまず指導者の指示を仰ぐ日本とは、かなり違いますよね。

 マックメナミンズケネディスクール.jpgマックメナミンズケネディスクール。1915年に閉校した校舎をメナミンズ兄弟が買取り、ホテル・レストラン・映画館などの複合施設となっている。100年前にタイムスリップした気持ちを味わうことができる

葉っぱのアイコン (1).pngヒエラルキーの強い日本、自主性が求められるカナダ

 なぜ、日本とカナダの実習スタイルはこれほど違うのでしょうか?

 ここには文化的な差異が影響していると考えられます。アジアの国、例えばインドやパキスタン、韓国ではヒエラルキーが強く、上の人の許可を受けないと、勝手に業務に取り掛かってはいけないという文化があります。

 日本でも同様です。薬学生は薬剤師の許可を一つ一つもらわないといけないし、指示されていないことは、誰かに確認するまでやってはいけません。

 一方、カナダではどうでしょうか。以前、カナダで働いている日本人から、部下のカナダ人が勝手なことをするので困っていると相談を受けたことがあります。詳しく聞いてみると、その部下は、教えていないことや指示していないことまでやるので、事後対応が大変だということでした。

 なぜ、こうした事態が起こるのでしょうか。それは、カナダでは自主的に行動することが「美」とされているからなのです。

 そうしたカナダの文化を知らない日本人が、母国の習慣で上司の指示を待っていたらどうなるでしょうか。その日本人は、「忠実」ではなく、「非積極的」という印象を周りに持たれるだろうと思います。

マックメナミンズ‗エルクバーガー.jpg マックメナミンズケネディスクールで食べた夕食。カナダのハンバーガーも大きいが、アメリカのハンバーガーもやはり大きかった。この日はエルク(ヘラジカ)バーガーを注文。思った以上にあっさりしていて食べやすかった。臭みもそんなになく、脂肪分も少なめだったと記憶している。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る