新規登録

一目瞭然、認知症診断後の生存予測表を開発

2020年01月22日 08:00

  スウェーデンとオランダの研究チームが、認知症診断後の3年生存率を患者の特性に基づき分かりやすく色分けした「生存予測表」を開発した。オランダ・Radboud University Medical CenterのMiriam L. Haaksma氏らが、65歳以上で認知症と診断された患者5万例超を最長9.7年追跡した結果をNeurology2019年12月16日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • プライマリケア用と専門施設用の2種
  • 患者との話し合いに活用できる可能性

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る