新規登録

RA患者でバイオシミラーのノセボ効果認められず

多施設共同研究・第1報

2020年01月27日 08:00

 関節リウマチ(RA)治療においては、生物学的製剤(bDMARD)からバイオシミラー(BS)に切り替える際にノセボ効果が見られることが報告されている。しかし日本ではデータが少なく、BSへの切り替えによるノセボ効果は明らかでない。松原メイフラワー病院(兵庫県)院長の松原司氏は、同院を含む多施設でエタネルセプトBSによるノセボ効果の実態を検討。その結果、エタネルセプト先行品からの切り替えによる効果減弱はなく、ノセボ効果は認められなかったと、第34回日本臨床リウマチ学会(2019年11月30日~12月1日)で報告した。

24694_face1.png

◎この記事のポイント

  • 対象はエタネルセプトで低疾患活動が維持された例
  • DAS 28に有意な変化なし

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る