新規登録

皮膚外用剤~カサカサ乾燥肌にはどんな薬がイイですか?- 前編

医療法人社団徳仁会中野病院 青島周一

2020年02月07日 10:10

 患者さんに自信を持ってOTCをおすすめしたい!論文情報や患者さん対応など、薬剤師による薬剤師のためのOTC解説です。

薬の無料アイコン9.png今回のお話「カサカサ乾燥肌にはどんな薬がイイですか?」

  • 皮膚の保湿メカニズムと乾燥肌の原因
  • 身近な健康問題、乾燥肌の有病割合は?
  • 市販で購入できる乾燥肌治療のための保湿外用剤
  • 乾燥肌に対する保湿外用剤の考え方
  • 保湿外用剤、どれくらい塗布すればよいの?
  • 結局のところどうしますか?

薬の無料アイコン9.png今回出てくるOTCは・・・

白色ワセリン(健栄製薬)/プロペトホーム(丸石製薬)/メンソレータムヘパソフトクリーム(ロート製薬)/アットノン(小林製薬)/ヘパソフトプラス(ロート製薬)/ウレパールプラスクリーム・ウレパールプラスローション/(大鵬薬品工業)/ケラチナミンコーワ(興和)/パスタロン(佐藤製薬)

 調剤室のエアコンから生暖かい風が勢いよく吹き出ています。暖房の設定温度は26℃、風量は強風。調剤室の隅に置かれた加湿器はあまり役に立っていないようで、デジタル時計に搭載された湿度計は常に「LOW」を表示。もはや計測不能なほど圧倒的に水分が足りていないようです。そんな調剤室で、じっと自分の手を見つめる薬剤師のあなた……。

「カサカサしている」

 そう小声でつぶやいたとき、投薬カウンターの向こう側から、女性のお客さんが声をかけてきました。

「保湿クリーム、何かいいのはありますか?」

 そう、お肌の潤いが消えかかっているこの時期にこそ、保湿クリームは必需品なのです。すぐさま調剤室を抜け、OTC医薬品の売り場を案内するあなた。ところが、外用薬コーナーはいつの間にか配置替えされている様子。いつもは仕入れていないはずの、さまざまな保湿外用剤が所狭しと積み上げられています。

――こ、これは本社の販促戦略かっ!

 圧倒的な商品在庫を前に、しばし立ちすくんでしまいました。

薬の無料アイコン9 (1).png皮膚の保湿メカニズムと乾燥肌の原因

 皮膚の総面積は成人で1.5~2㎡ともいわれ、体重の約15%を占める最大の臓器です1)。皮膚は表面から表皮真皮皮下組織の3層に分かれており、表皮はさらに、①角層②透明層(手のひらと足裏のみ)③顆粒層④有棘層⑤基底層―に分かれています。

 表皮の最も内側にある基底層では、細胞分裂によりケラチノサイト(角化細胞)が生成されています。ケラチノサイトは、後から分裂する細胞に徐々に押し上げられて角層に達し、角層細胞に変化します。体の部位や環境などによっても異なりますが、およそ2週間かけて角層の最表層に到達し、少しずつ自然に剥がれ落ちていきます。表皮におけるこの転換サイクルをターンオーバーと呼びます2)

 角層は表皮の最表面にあり、ほこりなどの異物や細菌が皮膚表面から体内へ侵入するのを防ぐバリア機能と、体内の水分が体外に過剰に蒸散するのを防ぎ、乾燥から身体を守る保湿機能を担っています3)。表皮における保湿メカニズムとしては ①皮脂腺から分泌される皮脂によって形成される皮脂膜天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor;NMF)③角層細胞間に広がる脂質層―の3つが重要です4, 5)

 皮脂膜は皮膚の表面で角層の乾燥を防ぎ、角層に水分を貯留すると考えられています。NMFは主にアミノ酸類、ピロリドンカルボン酸(PCA)、ウロカニン酸、乳酸などの有機酸、尿素などの成分で構成されており、表皮における水分保持に寄与しています。また、脂質層は体内からの水分蒸散を抑えるとともにNMFの細胞外への流失を防ぎ、角層の保湿維持に関わっています。したがって、角層における成分組成バランスの崩壊は、皮膚バリア機能の乱れや皮膚の乾燥につながります6)

 その他にも、遺伝的要因や、加齢に伴う細胞内脂質の減少、季節変化に伴う環境中の相対湿度の低下、界面活性剤など化学物質との接触による外因性刺激も乾燥肌の原因となります7~12)

 また、皮膚の乾燥状態は、寒冷ストレス後の皮膚温度の回復率と関連するとの報告があります13)。体温が低下すると、抹消末梢循環不全による表皮の保湿環境悪化が懸念されます。皮膚温度の回復が遅延することは、乾燥肌を助長する一つの原因なのかもしれません。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2
トップに戻る