新規登録

新型コロナ、中国の患者7万例の特徴

2020年03月02日 17:00

 中国疾病対策センター(CDC)のZunyou Wu氏らは、中国CDCで今年(2020年)2月11日までに収集した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者7万2,314例のデータを基に、その疫学的特徴および重症急性呼吸器症候群(SARS)または中東呼吸器症候群(MERS)との類似点・相違点、中国の対応の経緯、今後の対応についてJAMA(2020年2月24日オンライン版)に報告した。

◎この記事のポイント

  • 拡大が急速でPCR検査が実施できなかったケースも
  • 重篤症例の死亡率は49%
  • SARS/MERSとの比較
  • 中国政府の対応はSARSのときより改善か
  • 今後の具体的な対応は示せず

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る