新規登録

パーキンソン病の新薬がジスキネジアに有効

2020年03月18日 10:00

 脳内のドパミンが欠乏して振戦や動作緩慢などの症状が現れるパーキンソン病(PD)では、標準治療としてレボドパが投与されるが、ドパミン過剰によるジスキネジアを誘引しやすいという課題がある。英・King's College LondonのRia Fisher氏らが選択的セロトニン5-HT1A受容体作動薬NLX-112をPDモデルのマーモセットに投与したところ、ジスキネジアの出現が抑制されたとNeuropharmacology(2020; 167: 107997)に発表した。

◎この記事のポイント

  • レボドパの効果を妨げず、ジスキネジアを改善
  • 結果①:ジスキネジア
  • 結果②:運動障害

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る