新規登録

新型コロナへの漢方処方、エキス製剤代用で

2020年04月08日 10:00

 多くの呼吸器内科医や救急医からの要望を受け、金沢大学病院漢方医学科臨床教授/診療科長の小川恵子氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方薬処方の有用性についてのまとめを、日本感染症学会に特別寄稿。同学会の公式サイトで発表された。内容は、主に中国の「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)診療ガイドライン 第7版」(以下、中国GL第7版)を参考に、現時点で有用が示唆される漢方薬に関し、同氏が日本の保険診療に鑑み漢方エキス製剤に置き換えて解説したもの。

◎この記事のポイント

  • GLの翻訳だけでは日本の保険診療にそぐわない
  • 無症状病原体保有者には補中益気湯および十全大補湯で代用
  • 4つの臨床分類で代用が可能
  • 中医学の「邪」を「臨床症状」で説明
  • 中医学併用群で画像の改善率、臨床完治率、悪化率に有意差

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る