新規登録

Remdesivirの第Ⅲ相試験で有望な成績か

重症の新型コロナの第Ⅲ相試験で

2020年05月08日 10:00

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬の有力候補の1つとされる抗ウイルス薬remdesivir。安倍晋三総理大臣が4月28日に同薬について審査期間を大幅に短縮する制度「特例承認」を利用し、早期承認を目指すと明言したことから、国内外からの注目度が高まっている。早ければ5月にも承認される見通しだという。4月29日には、remdesivirの開発元であるギリアド・サイエンシズが、進行中の第Ⅲ相試験結果の一部を発表。重症患者への5日間の短期間治療で症状改善が見られたと公表した。国内外での承認を後押しする好材料になりそうだ。

◎この記事のポイント

  • 約400例を先行解析
  • 5日投与で10日投与と同等の改善効果
  • 早期投与の有用性示す、有害事象に悪心や急性呼吸不全など

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る