新規登録

新型コロナ、トシリズマブの第Ⅲ相試験開始

70施設で330例の登録目指す

2020年05月27日 10:00

 呼吸不全を伴う新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象に、インターロイキン(IL)-6阻害薬のトシリズマブの有用性を検討する国際共同第Ⅲ相試験の実施が決まった。同薬による肺炎死亡率の低下、人工呼吸器の必要性の減少などをプラセボとの比較で評価する。

◎この記事のポイント

  • サイトカインストームを阻止できるか
  • 肺炎死亡率・人工呼吸器装着率の低下などを評価

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る