新規登録

関節リウマチ、JAK阻害薬4剤を比較

5,451例対象のメタ解析

2020年06月18日 11:00

 メトトレキサート(MTX)は関節リウマチ(RA)治療において最も頻用されている疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)だが、十分な効果が得られず生物学的製剤やJAK阻害薬への切り替えを検討する例も少なくない。韓国・Korea UniversityのYoung Ho Lee氏は、JAK阻害薬4剤(トファシチニブ、バリシチニブ、ウパダシチニブ、filgotinib)の有効性および安全性をTNFα阻害薬アダリムマブと比較したランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を実施。結果を欧州リウマチ学会(EULAR 2020、6月3日からウェブ開催)で発表した。

◎この記事のポイント

  • バリシチニブ、ウパダシチニブで高い奏効率

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る