新規登録

カナキヌマブが変形性関節症の予後を改善

CANTOS試験の探索的解析

2020年08月21日 11:00

 抗インターロイキン(IL)-1β抗体薬カナキヌマブは、変形性関節症患者における人工股関節全置換術(THR)または人工膝関節全置換術(TKR)を要する患者の割合をプラセボに比べて有意に低下させることが示された。スイス・Novartis Institutes for Biomedical ResearchのMatthias Schieker氏らが、カナキヌマブによる心血管イベント抑制効果を検討した二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験CANTOSの探索的解析結果をAnn Intern Med(2020年8月4日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 投与後1年で関節置換術が40~47%減少
  • 有効性・忍容性の高い治療がない現状で重要な研究

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る