新規登録

コロナに感染した妊婦、後期に重症化の傾向

日本産婦人科医会が実態を調査

2020年09月23日 11:00

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した妊産婦の実態を把握するため、日本産婦人科医会は分娩を取り扱う医療機関に対する調査を行い、9月17日にその結果を公表した。それによると、妊娠後期の妊婦は妊娠初期・中期の妊婦に比べて重症化する割合が高いことが分かった。出生児への感染の報告はなかった。

◎この記事のポイント

  • 妊産婦のコロナ感染は72人、17%に酸素投与
  • 妊産婦のコロナウイルス陽性率は「高い頻度ではない」

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る