新規登録

薬剤誘発性エリテマトーデスの関連薬を特定

新たに複数の関連が示唆

2020年09月29日 11:00

 炎症性の自己免疫結合組織疾患であるエリテマトーデス(LE)は、薬剤使用に関連して発症する場合があることが、これまでに症例報告や疫学研究で示唆されていたが、系統だった研究は行われていなかった。デンマーク・Gentofte University HospitalのJeanette Halskou Haugaard氏らは、同国の全国患者登録データに基づくシステマチックな薬剤スクリーニングの結果、これまで報告されていない複数の薬剤と全身性LE(SLE)および皮膚LE(CLE)発症に有意な関連が示されたとJAMA Dermatol(2020年9月2日オンライン版)に報告した。

◎この記事のポイント

  • システマチック研究はなかった
  • フェキソフェナジン、レボチロキシン、メトクロプラミドなど
  • 最新の薬剤情報に通じるとともにバイアスも意識を

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る