新規登録

妊娠中のバルプロ酸使用で顕著なリスク増

出生児の神経発達障害リスクが4~5倍に

2020年11月17日 11:00

 フランス・French National Health InsuranceのJoël Coste氏らは、同国の全国保健データシステム(SNDS)を用いて約172万人の出生児を追跡。母親の胎内で抗てんかん薬バルプロ酸ナトリウム(VPA)に曝露していた児では、幼児期に神経発達障害と診断されるリスクが4〜5倍に上昇していたことを明らかにしたとSci Rep(2020; 10: 17362)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 用量反応的リスク増加を確認
  • その他のてんかん薬によるリスクは低い

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る