新規登録

ドラマの中の薬剤師

2020年11月26日 11:00

獨協医科大学埼玉医療センター こころの診療科
井原 裕

201117_テレビドラマ.jpg
Illustration:kazuto hashimoto

 「未来においてドラマのトピックとして成功を収める可能性があるのは医療であろう」と、メディア研究の第一人者ハーバート・マーシャル・マクルーハン(1911-1980年)が予想したのは、1964年のことでした。

 日本は前回の東京オリンピックの年で、テレビ番組のほとんどは白黒でした。こんな時代に医療ドラマの可能性を予想していたとは、驚くべき先見の明といえます。

 もっとも、既に米国ではテレビドラマ『ベン・ケーシー』(1961-1966年)が放映されていました。西部劇のドンパチばかりの荒くれたテレビ界にあって、さっそうと活躍する青年医師の姿は、さぞや清新なイメージで受け取られたことでしょう。

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る