新規登録

SSRIがコロナ重症化を抑制か

フルボキサミン投与による臨床的悪化は0例

2020年12月01日 11:00

 米・Washington University in St LouisのEric J. Lenze氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者152例を対象とした二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)による予備的研究を実施。σ1受容体アゴニストである選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のフルボキサミンがCOVID-19の重症化を抑制する可能性が示されたとJAMA (2020年11月12日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 80例中で臨床的悪化は認められず
  • 在宅療養中の重症化を防ぐ可能性

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る