新規登録

"血圧の左右差"が死亡、心血管リスクに

5万例超のメタ解析

2021年01月19日 11:00

 上腕の収縮期血圧(SBP)値の左右差は、全死亡や心血管疾患などのリスクに関連していることが複数の研究で示されている。こうした中、英・University of Exeter Medical SchoolのChristopher E. Clark氏らは、上腕SBP値の左右差が5mmHgを上回ると全死亡や心血管イベントなどのリスクに上昇が認められたとする、24件の研究の参加者計5万3,827例の個人データを用いたメタ解析の結果をHypertension(2020; 77: 650-661)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 過去のメタ解析には限界も
  • 左右差10mmHgを正常範囲の上限として提唱

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る