新規登録

抗うつ薬の疼痛軽減効果を検証

2021年02月02日 11:00

抗うつ薬の疼痛軽減効果を検証

 抗うつ薬は、背部や関節などの炎症性疼痛を軽減するかー。オーストラリア・University of SydneyのGiovanni E. Ferreira氏らは関連論文についてシステマチックレビューおよびメタ解析を実施し、結果をBMJ2021; 372: m4825)に報告した。

◎この記事のポイント

  • 33報のRCTをメタ解析
  • SNRIによる疼痛軽減効果は認められるも、エビデンスの確実性は「低」〜「中」
  • 製薬企業と関係のない大規模RCTで確実性の高いエビデンスを

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る