新規登録

HPVワクチン、重篤な副反応に関連せず

アジア発のリアルワールドデータ

2021年02月24日 11:00

HPVワクチン、重篤な副反応に関連せず

 韓国では2016年に女児へのヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種が予防接種プログラムに導入されたが、リアルワールドでの安全性に関する情報は欧米発のものがほとんどで、アジア人におけるエビデンスは限定的だった。そこで、韓国・Sungkyunkwan UniversityのDongwon Yoon氏らは同国におけるHPVワクチンの接種と33項目の重篤な副反応との関連について検討。同ワクチン接種による副反応の有意なリスク上昇は認められなかったとの結果をBMJ2021; 372: m4931)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 2018年の1回目接種率は87.2%
  • 44万1,399人の女児を解析
  • 片頭痛のみわずかにリスクが上昇

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る