新規登録

コロナワクチン接種間隔が長いほど効果大

英・オックスフォード/アストラゼネカ共同開発の「AZD1222」

2021年03月02日 11:00

コロナワクチン接種間隔が長いほど効果大

 英・University of OxfordのMerryn Voysey氏らは、同大学とアストラゼネカ社が共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンChAdOx1 nCoV-19(AZD1222)の有効性と安全性を4件のランダム化比較試験(RCT)で検討し、結果をLancet2021年2月19日オンライン版)に発表した。同ワクチンは1回目の接種から90日後においても新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)特異的IgG抗体価が維持され、1回目と2回目の接種間隔が長いほど有効性が高かった。

◎この記事のポイント

  • ワクチン接種群の入院例はゼロ、有効率66.7%
  • 接種間隔12週間以上で有効率81.3%に向上

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る