新規登録

スタチンは筋症状に影響せず

英・200例のランダム化プラセボ対照n-of-1試験

2021年03月12日 11:00

スタチンは筋症状に影響せず

 服用に伴う筋症状への懸念から、スタチンの使用を中断する患者は少なくない。こうした中、英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのEmily Herrett氏らは、使用中の筋症状発現を理由にスタチンを中止した患者および中止を検討中の患者200例を対象に、筋症状に及ぼす影響をスタチンとプラセボで比較するランダム化プラセボ対照単一被験者(n-of-1)試験を実施。スタチンによる筋症状への有意な影響は認められなかったとの結果をBMJ2021; 372: n135)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 筋症状との関連を示すデータが不足
  • 試験完遂した患者の66%がスタチン再開

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る