新規登録

発作性夜間ヘモグロビン尿症に有望な新薬

補体C3阻害薬pegcetacoplan

2021年03月26日 11:00

 英・St. James's University HospitalのPeter Hillmen氏らは、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)に対する補体C3阻害薬pegcetacoplanの有効性と安全性を、エクリズマブを対照に検討する第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験を実施。エクリズマブ群と比べpegcetacoplan群で16週後のヘモグロビン(Hb)値の改善が大きかったことなどをN Engl J Med2021; 384: 1028-1037)で報告した。

◎この記事のポイント

  • 4週の併用後に単剤で16週治療
  • Hb値だけでなく多くの血液学的指標を改善

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る