新規登録

クッシング症候群の経口薬などが承認

2021年03月30日 11:00

  医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、クッシング症候群に対する経口薬、血液脳関門(BBB)通過技術を用いた初のムコ多糖症Ⅱ型治療薬、皮下投与の多発性骨髄腫治療薬などの医薬品が厚生労働省から承認を受けたと発表した。今年(2021年)3月に承認を受けたもののうち、剤形・用量・投与経路変更、適応拡大を除く新薬は12種類である(表)。

表. 2021年3月に承認された新薬(剤形・用量・投与経路変更、適応拡大を除く)

27734_tab1.jpg

◎この記事のポイント

  • 1日1回の皮下投与で骨量の増加効果
  • 半年に1回投与の新機序NMOSD治療薬
  • NTRK融合遺伝子陽性固形がんに特化した経口TRK阻害薬
  • BR療法で用いるB細胞リンパ腫治療薬

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る