新規登録

コロナ診療で同居者の存在がストレスに?

パンデミック下の医療従事者600人を分析

2021年04月01日 11:00

コロナ診療で同居者の存在がストレスに?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療に従事する医療関係者は、偏見を受けたり、家庭生活に制限を受けたりといった、特有の社会的ストレスにさらされている。東京医科歯科大学大学院精神行動医科学分野教授の高橋英彦氏らは、種々の評価尺度を用いて、COVID-19の診療に当たる医療者におけるストレスの危険因子を検討。「家族などとの同居」などが危険因子として同定されたと、J Psychiatr Res(2021; 137: 298-302)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 「高年齢」と「女性」が全ての評価尺度で危険因子に
  • 早期介入だけでなく、社会的ストレスの同定なども重要

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る