新規登録

アスピリンでFAPのポリープ再発を予防

日本初のがん予防薬として保険収載目指す

2021年04月06日 11:00

アスピリンでFAPのポリープ再発を予防

 家族性大腸腺腫症(Familial Adenomatous Polyposis:FAP)は、がん抑制にかかわるAPC遺伝子の病的変異により大腸に腺腫(ポリープ)が100個以上多発する常染色体優性遺伝性疾患で10歳代に好発し、国内の患者数は約7,300例と推定される。未治療の場合、ほぼ全例で60歳ころまでに大腸がんを発症するため、唯一の予防法として大腸全摘出術が行われてきた。そうした中、京都府立医科大学大学院分子標的予防医学特任教授の石川秀樹氏、同教授の武藤倫弘氏らの研究グループは、大腸温存FAP患者を対象に低用量アスピリンの二重盲検ランダム化比較試験J-FAPP Study Ⅳを実施。大腸ポリープの増大を有意に抑制したとLancet Gastroenterol Hepatol2021年4月1日オンライン版)に報告した。同研究グループは、日本初のがん予防薬として低用量アスピリンの保険収載目指している。

◎この記事のポイント

  • 求められる大腸温存法
  • アスピリン投与群で大腸ポリープ再発リスクが6割程度減少
  • 実用化を目指し長期投与試験も

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る