新規登録

疼痛伴わないとPADの歩行能は改善しない

高強度vs.低強度ウォーキングのRCT

2021年04月13日 11:00

疼痛伴わないとPADの歩行能は改善しない

 強度の高いウォーキングは下肢末梢動脈疾患(PAD)患者の歩行距離と歩行時間の改善に有効であることが、米・Northwestern UniversityのMary M. McDermott氏らが行った多施設共同ランダム化比較試験(RCT)で明らかになった。虚血性疼痛を誘発しない低強度のウォーキングは運動を全くしない場合と同等の効果しかなかった。詳細はJAMA2021; 325: 1266-1276)に報告された。

◎この記事のポイント

  • 6分間歩行距離が延長
  • トレッドミル上の歩行時間も延長

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る