新規登録

運動不足でコロナ重症化、死亡リスクが上昇

COVID-19患者約5万例を検討

2021年04月20日 11:00

運動不足でコロナ重症化、死亡リスクが上昇

 運動不足の人は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化やCOVID-19に関連した死亡のリスクが高いことが明らかになった。米・Kaiser Permanente Medical CenterのRobert Sallis氏らが、COVID-19患者約5万例を対象に行った研究の結果をBr J Sports Med 2021年4月13日オンライン版)に発表。COVID-19の重症化や死亡を防ぐには、運動を習慣的に行うことが強く勧められるとしている。

◎この記事のポイント

  • 週150分以上の運動を

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る