新規登録

スチムリマブ、寒冷凝集素症への有効性示す

第Ⅲ相非盲検単群試験CARDINAL

2021年04月22日 11:00

スチムリマブ、寒冷凝集素症への有効性示す

 寒冷凝集素症(CAD)に対する抗補体モノクローナル抗体スチムリマブの有効性および安全性を検討する多施設共同第Ⅲ相非盲検単群試験CARDINALが、ドイツ・University of Duisburg-EssenのAlexander Röth氏らによって日本、米国、欧州などで実施された。その結果、同薬はCAD患者において速やかな溶血抑制とヘモグロビン濃度の上昇、治療早期からの臨床的意義のある貧血と疲労の改善を示し、迅速かつ持続的な治療効果をもたらすことがN Engl J Med2021: 384: 1323-1334)に発表された。(関連記事「冷たい飲食物で胸痛! 寒冷凝集素症」)

◎この記事のポイント

  • 補体の古典経路の活性を上流で阻害
  • 54%が複合主要評価項目を達成
  • 新しい有効な治療アプローチに

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る