新規登録

糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は

二重盲検RCT

2021年04月29日 11:00

糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は

 2型糖尿病患者の多くが合併する非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)。コーヒーの摂取により両者の発症リスクが抑制されるとの報告はあるが、どの成分が作用しているのか―。イラン・Shahid Beheshti University of Medical SciencesのAsieh Mansour氏らは、コーヒーの主成分であるカフェインおよびクロロゲン酸がNAFLD合併糖尿病患者の肝臓、代謝、炎症に及ぼす影響について検討するため、二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果を、Nutr J2021; 20: 35)に報告した。

◎この記事のポイント

  • 101例を4群に分け、サプリを6カ月間摂取
  • 肝機能への影響はないが、カフェインによるコレステロール減少効果はあり

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る