新規登録

J&Jのコロナワクチンが変異株にも有効

1回接種型ワクチンのPⅢ結果発表

2021年04月30日 11:00

J&Jのコロナワクチンが変異株にも有効

 米・ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の医薬品部門であるヤンセンが開発中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する単回投与型のAd26.COV2.Sワクチンについて、有効性と安全性を検証した国際第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験ENSEMBLEの結果がN Engl J Med(2021年4月21日オンライン版)に発表された。中等症~重症または重篤な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を抑制する効果は投与後14日以降で66.9%、28日以降で66.1%であった。また、B.1.351系統のSARS-CoV-2を含む変異株が高い割合を占めている南アフリカにおいて重症化に対する高い予防効果が確認された。同ワクチンをめぐっては、今年(2021年)1月29日、第Ⅲ相試験の中間解析結果が発表され、高い有効率が報告されていた。

◎この記事のポイント

  • 南米、南アフリカ、米国の4万人超を対象に解析
  • 重度・重篤のCOVID-19に対しより高い予防効果
  • 変異株が主流の南アフリカでの有効率は52.0~81.7%
  • 約5割に注射部位の疼痛、4割に頭痛や倦怠感が出現

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る