新規登録

高血圧の基準値以下でも心不全リスク上昇

200万例の国内疫学ビッグデータを解析

2021年05月06日 11:00

 東京大学大学院循環器内科学教授の小室一成氏らは4月23日、国内最大規模の健診・レセプトデータベース(JMDC Claims Database)に登録された約200万例分の症例を対象に、心不全や心房細動などの循環器疾患リスクを解析した結果を発表。一般的な高血圧診断基準より低い収縮期血圧(SBP)値、拡張期血圧(DBP)値の症例でも、心不全や心房細動(AF)リスクが上昇する可能性があると報告した。研究の詳細はCirculation2021年4月22日オンライン版)に掲載されている。

◎この記事のポイント

  • SBP 130~139mmHg/DBP 80~89mmHgで心不全リスク1.3倍
  • ステージ1高血圧に対する治療の妥当性は検討課題

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る