新規登録

コロナワクチン1回接種で入院率9割減少

80歳以上の高齢者でも8割低下

2021年05月07日 11:00

コロナワクチン1回接種で入院率9割減少

 2回接種タイプの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンについて、1回目の接種と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の入院率との関連を全国規模で検討した初の研究結果が報告された。英・University of EdinburghのEleftheria Vasileiou氏らは、スコットランドのほぼ全人口をカバーするCOVID-19データベースを用いた前向きコホート研究で、ワクチンの1回目接種から4週後(28~34日)の入院リスクが89%低下したとLancet2021年4月23日オンライン版)に発表した。80歳以上の高齢者でも入院リスクを83%減らす効果が示された。

◎この記事のポイント

  • ファイザー製で91%、アストラゼネカ製で88%の入院リスク低下
  • 80歳以上でも80%超の高い有効率
  • 接種後早期の予防効果には、健康人限定の接種プログラムが影響

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る