新規登録

精神的ストレスと腸内細菌の関連機序を解明

2021年05月19日 11:00

精神的ストレスと腸内細菌の関連機序を解明

 コロナ禍において、うつ病は世界的に患者数がいっそう増えることが懸念されている。これまでに、うつ病の発症による精神的ストレスで腸内細菌叢と腸内代謝物の異常が生じる報告はされていたが、なぜ精神的ストレスによって腸内細菌叢の破綻が起こるのかは不明だった。北海道大学大学院先端生命科学研究院准教授の中村公則氏、同教授の綾部時芳氏らの研究グループはその機序を解明、結果をSci Rep2021年5月10日オンライン版)に報告した。

◎この記事のポイント

  • 精神的ストレスでαディフェンシンが減少
  • αディフェンシン投与で腸内異常が改善
  • 脳腸相関を介したうつ病の予防・治療法開発に期待

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る