新規登録

頭痛、失神でコロナ入院死亡リスク低下

13カ国の観察研究

2021年05月20日 11:00

頭痛、失神でコロナ入院死亡リスク低下

 米・University of PittsburghのSherry H.Y. Chou氏らは、同大学などが参加するGlobal Consortium Study of Neurologic Dysfunction in COVID-19(GCS-NeuroCOVID)と、欧州神経学協会(EAN)Neuro-COVID Registry(ENERGY)の2つの研究コンソーシアムが4大陸13カ国において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う神経障害に関する観察研究を実施。その結果、COVID-19入院患者では神経障害の発症率が高く、脳幹反射の異常、昏睡、急性脳症などが院内死亡リスクの上昇に関連していたとJAMA Netw Open2021; 4: e2112131)に発表した。一方、患者が自覚症状として申告した頭痛や失神などの神経症状はリスク低下と関連していた。

◎この記事のポイント

  • 患者の8割超に神経障害
  • 脳幹反射の異常、昏睡、急性脳症は院内死亡の高リスクに
  • 重症例では頭痛や失神などの自覚症状は収集困難か
  • 神経障害の既往歴はCOVID-19神経障害の危険因子に

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る