新規登録

低用量アスピリンでも心血管リスク不変

動脈硬化性心血管疾患患者1万5,000例超で検討

2021年05月26日 11:00

低用量アスピリンでも心血管リスク不変

 米・Duke UniversityのW. Schuyler Jones氏らは、動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)患者1万5,000例超を対象に、アスピリンの低用量(81mg/日)投与と高用量(325mg/日)投与の有効性と安全性を検討する非盲検実用的ランダム化比較試験を実施。その結果、心血管イベントおよび大出血のリスクに関して両群で有意差がなく、長期アドヒアランスは低用量群で良好だったとN Engl J Med2021年5月15日オンライン版)に発表した。

◎この記事のポイント

  • 81mg/日と325mg/日で有効性、安全性に差なし
  • 高用量群は11.1%が使用中止、41.6%が低用量へ変更

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る