新規登録

コロナ下の医療従事者、心理的障害が高水準

2021年06月01日 11:00

コロナ下の医療従事者、心理的障害が高水準

 中国・上海交通大学のHuijuan Zhang氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック下の中国における医療従事者の心理状態について検討した研究26件計2万2,062例のシステマチックレビューと累積メタ解析を実施。その結果、不安、抑うつ症状、睡眠障害、ストレス関連症状などの心理的障害の有病率が高く、一般集団における精神疾患の有病率の数倍に上ることが示されたとGen Psychiat2021; 34: e100344)に発表した。

◎この記事のポイント

  • パンデミック初期に有病率のピーク
  • 包括的かつ適時な支援政策で有病率が低下傾向に

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る