新規登録

動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬

炎症・血栓症マーカーを著明に低下

2021年06月02日 11:00

動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬

 米国の40施設で実施された第Ⅱ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)で、抗インターロイキン(IL)-6抗体薬のziltivekimabがアテローム性動脈硬化症に有効性を示した。ziltivekimab群では、高感度C反応性蛋白(hsCRP)をはじめ、アテローム性動脈硬化に伴う炎症・血栓症に関わるバイオマーカーが著明に低下。同疾患の将来的な治療に抗炎症療法が加わる可能性が示唆された。米・Brigham and Women's HospitalのPaul M. Ridker氏が米国心臓病学会(ACC.21、5月15~17日、ウェブ開催)で発表。詳細がLancet2021年5月17日オンライン版)に同時掲載された。

◎この記事のポイント

  • ziltivekimabはIL-6リガンドを直接阻害
  • コレステロールへの影響はなし

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る