新規登録

DOACによる抗凝固療法、コロナを改善せず

ヘパリンとの比較

2021年06月15日 11:00

DOACによる抗凝固療法、コロナを改善せず

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では血栓症を合併する場合があるが、至適な抗凝固療法については確立されていない。米・Duke University Medical CenterのRenato D. Lopes氏らは、Dダイマー値が上昇したCOVID-19入院患者を対象に、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)リバーロキサバンによる治療的抗凝固療法とヘパリンによる予防的抗凝固療法の有効性および安全性を比較。「治療的抗凝固療法でCOVID-19患者の臨床予後を改善させなかった」とLancet2021年6月4日オンライン版)に報告した。(関連記事:「コロナの回復期でも血栓症、油断せず予防を」「コロナ関連血栓症、ヘパリンの至適用量は?」)。

◎この記事のポイント

  • 出血リスクは増大

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る