新規登録

新規分子標的薬が重症コロナの炎症を抑制か

抗GM-CSF受容体α抗体mavrilimumabの国際第Ⅱ相RCT

2021年06月24日 11:00

 全身に重度の炎症を伴う新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症患者では、肺の恒常性維持(ホメオスタシス)や自己免疫による炎症反応の調整に重要な役割を果たす顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)のシグナル伝達を阻害することで、転帰改善が期待できる。米・Kiniksa PharmaceuticalsのLara Pupim氏らは、機械的人工換気の必要がないCOVID-19重症例に対する抗GM-CSF受容体α抗体mavrilimumabの有効性を検討する国際第Ⅱ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を実施。mavrilimumab群で機械的人工換気および死亡のリスクが65%有意に低下したとの結果を、欧州リウマチ学会(EULAR 2021、6月2~5日、ウェブ開催)で発表、Ann Rheum Dis2021; 80: 198-199)に同時掲載された。

◎この記事のポイント

  • 有意差はなしも死亡リスクが61%低下
  • 用量の違いによる差異は認められず

Pharma Tribuneに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

【重要なお知らせ】Medical Tribuneウェブとの統合のお知らせ

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る